フィリピン・マニラ湾沖で行われた、海上保安庁とフィリピン沿岸警備隊による海賊を想定した日比合同演習の様子(2016年7月13日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(更新)フィリピン政府は14日、南シナ海(South China Sea)で中国が主張する管轄権を否定したオランダ・ハーグ(Hague)の仲裁裁判所の裁定を尊重するよう、中国政府に対し強く求めた。そのうえで、モンゴルで15日に開幕するアジア欧州会議(ASEM)首脳会合でも南シナ海問題を提起する方針を明らかにした。

 フィリピン外務省の声明によると、ペルフェクト・ヤサイ(Perfecto Yasay)外相がASEM首脳会合の議題の枠組みの中で「フィリピンの南シナ海における平和的で規則にのっとったアプローチと、関係者が仲裁裁判所による直近の裁定を順守する必要性」を協議するという。

 これに先立ち中国政府は13日、国際連合(UN)傘下の仲裁裁判所には南シナ海問題を裁く資格がなく裁定は偏っているとして、一切受け入れない方針を表明。南シナ海に防空識別圏を設け、外国籍の航空機に対して軍事的対応をとる可能性を警告した。裁定が出る以前の11日にも、ASEM首脳会合は南シナ海問題の協議に「不適切な場」であり、この問題をASEMの議題に含めるべきではないと主張していた。【翻訳編集】 AFPBB News