南シナ海・西沙諸島の永興島の2月3日(右)と14日(左)の衛星写真。14日の写真には、中国が配備した地対空ミサイル発射装置とみられる物体などが写っている=ImageSat International N.V.提供、AP

 【ワシントン和田浩明】アーネスト米大統領報道官は17日、商業衛星写真などを基に、中国が南シナ海・西沙(英語名パラセル)諸島の永興(同ウッディー)島に地対空ミサイルを配備したことを確認したと明らかにした。ケリー米国務長官は南シナ海の軍事化進展に「深刻な懸念」を表明し、近く中国側と「非常に真剣な協議をする」と述べた。

 国務省のトナー副報道官は配備について「さまざまな手段、ルートで確認している」と述べ「地域の緊張を高め、対立の平和的解決に逆効果だ」と批判した。

 ケリー氏は、中国の習近平国家主席が昨年9月に訪米した際に南シナ海の軍事化を意図しないと述べたことに言及した上で、「軍事化を拡大している証拠が毎日のように出ている」と指摘。中国の最高指導者の「約束」と現状の乖離(かいり)に強い不快感を示した。

 ケリー氏はさらに、中国に対し「一方的な行動や力、軍事化によってではなく、外交や他の領有権主張国との協議で、立場の違いを解決することの重要性を理解してほしい」とも述べ、南シナ海をめぐる周辺国との領有権争いを平和的に決着させるよう呼びかけた。