中国が実効支配する南シナ海の西沙(パラセル)諸島で、地対空ミサイルの配備を示す衛星写真が公表された。米フォックス・ニュースが16日に報じた。

今月14日に民間衛星が撮影した写真から、西沙諸島に合計8つの発射装置を持つ2つの砲台が確認できるという。

近隣国のベトナムと共に領有権を主張する台湾も、ミサイル配備を確認した。ミサイル配備は南シナ海の領有権をめぐる激しい対立にさらに緊張をもたらすことになる。

中国の王毅外交部長(外相)は、西側メディアの作り事だと否定している。

王外交部長は、北京を訪れているビショップ豪外相との共同記者会見で、マスコミはそれよりむしろ中国が南シナ海に設置した灯台に注目すべきだと述べた。「おかげで船舶の安全航行が確保できるようになった」と王氏は強調した。

中国は南シナ海で人工島の建設を進めている。中国は合法であり軍事目的ではないと説明しているが、領有権で対立する周辺国は強く反発しており、地域の軍事化が懸念されている。