中国艦のレーダー照射について発表する小野寺防衛相=守谷遼平撮影

 小野寺防衛相は5日夜、東シナ海で1月30日、警戒監視中の海上自衛隊の護衛艦に対し、中国海軍艦艇が射撃の目標をとらえる火器管制用のレーダー照射をしたと発表した。

 同月19日にも、東シナ海で中国海軍艦艇が、海上自衛隊艦艇の搭載ヘリにレーダーを照射した疑いがあるとした。いずれも公海上での照射という。日本政府は外交ルートを通じ、中国に抗議した。中国側が軍事衝突につながりかねない行動に踏み切ったことで、日中関係の緊張がさらに高まるのは必至だ。

 他国の艦船などに射撃用のレーダーを照射することは「明確な威嚇行為」(防衛省幹部)で、実際の攻撃に準じる危険な行為だ。

 防衛省によると、1月30日午前10時頃、東シナ海の公海上で海自第7護衛隊の護衛艦「ゆうだち」が航行中に、中国海軍のフリゲート艦「ジャンウェイ2級」からレーダー照射を受けた。護衛艦のデータを分析した結果、中国の火器管制用レーダーと判明した。照射は数分間続き、護衛艦は進路変更などの回避行動を取った。距離は約3キロ離れていた。中国艦艇から事前の警告などはなかったという。

 一般的には、照射から2秒程度あれば、発射が可能という。