青空の下で開かれた運動会で走る川内小学校の児童たち=25日午前、福島県川内村

 東京電力福島第1原発事故で一時全村避難し、昨年1月に「帰村宣言」した福島県川内村の川内小学校で25日、運動会が開かれ、青空の下、児童の競技に保護者や村民が温かい声援を送った。村外に避難し別の学校に通っている児童も参加、一緒に走ったり綱引きをしたりして楽しんだ。川内小は2012年4月に再開。昨年の全校児童数は16人だったが、今年は7人が入学し、新たに帰村した児童と合わせ、24人になった。