ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

断線した全日空ボーイング787のメーンバッテリーのアース線

断線した全日空ボーイング787のメーンバッテリーのアース線

断線した全日空ボーイング787のメーンバッテリーのアース線。過大な電流が原因とみられる=国土交通省運輸安全委員会提供

 全日空ボーイング787のメーンバッテリーが発煙し高松空港に緊急着陸したトラブルで、国土交通省運輸安全委員会は5日、バッテリーのCTスキャンや分解による調査で、内部が連鎖的に異常な高温になる「熱暴走」が起きていたことが分かったと発表した。またアース線の断線も判明。安全委は「大量の電流が流れた可能性がある」との見方を示す一方、熱暴走や大量の電流の原因は「現段階では不明」とした。

 安全委によると、バッテリー容器内のリチウムイオン電池8個全てが熱で損傷していた。このうち6個は熱暴走で内部が黒く焼けて電池の容器が変形し、過大な電流でアルミ製の配線が溶断。特に2個の損傷が激しく、プラス電極の金具が破損していた。損傷の軽い2個のうち1個もステンレス製の容器に直径数ミリの穴が開いていた。

 切れていたアース線はバッテリー容器に静電気が帯電するのを防ぐもので、安全委は「雷などが原因とは考えにくい」と述べた。

 米ボストンの空港で日本時間の先月8日に日航機の補助動力装置用バッテリーから出火したトラブルでも、米国家運輸安全委員会がバッテリーで熱暴走があったと発表。このバッテリーは全日空機のメーンバッテリーと同じものでショートの跡も見つかったが、原因については「特定していない」としている。