ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

緊急着陸した全日空ボーイング787を調べる航空事故調査官ら

緊急着陸した全日空ボーイング787を調べる航空事故調査官ら

 16日に緊急着陸した全日空ボーイング787を調べる航空事故調査官ら=17日午前、高松空港

 山口宇部発羽田行きの全日空便ボーイング787が機内で発煙し、高松空港に緊急着陸した重大トラブルで、現地入りした運輸安全委の航空事故調査官と国交省の航空機専門職員は17日、煙の発生源とみられるメーンバッテリー周辺を中心に機体の詳しい調査を続けた。全日空によると、操縦室付近の下部にある電気・電子機器室でメーンバッテリーの金属製ケース(高さ22センチ、幅28センチ、奥行き34センチ)の一部が黒く変色し、電解液が漏出。