ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

全日空機787の窓ガラスにひび

全日空機787の窓ガラスにひび

 ひびが入るトラブルがあったボーイング787の操縦室の窓ガラス=11日午後2時、松山空港

 11日午前10時45分ごろ、羽田発松山行き全日空585便ボーイング787(乗客237人、乗員9人)が兵庫県上空を飛行中、操縦室の窓ガラスにひびが入るトラブルがあった。同機は同9時37分に羽田を出発、同11時14分に松山空港に通常着陸し、けが人はいなかった。ひびが入ったのは操縦室左側にある機長席前方の窓で、5層構造になっているガラスの最も外側の層。窓全面にクモの巣状のひびが入った。