ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

国土交通省、JAL787のバッテリー不具合の調査結果公表

国土交通省、JAL787のバッテリー不具合の調査結果公表

国土交通省航空局は12月19日、1月14日に成田空港にてJALのボーイング787-8(登録記号JA834J)で発生したバッテリー不具合に関して、原因は特定できなかったとする調査結果を公表した。

1月14日に成田空港にて地上駐機中のJALの787-8において、整備士が機外に煙が漂っていること、並びにメインバッテリーおよび充電器の不具合を示すメッセージが表示されていることを確認。また、8つのバッテリーセルの内ひとつの安全弁の作動を確認した。

状態としては、メインバッテリーの第5セルが過熱・損傷し、その結果、同セルの安全弁が作動。電解液のガス等はダクトを通じて排気口から外部に排出され、バッテリー覆い箱の周辺機器への影響はなかったという。なお、バッテリー監視装置(BMU)およびバッテリー充電装置(BCU)に異常は認められず、 第5セルに隣接する第6セルは、一部熱の影響等が確認されたものの機能的には問題はなかった。

同事案発生後も、過熱した第5セル以外の全てのセルについて機能上の問題はなく、運航の継続に必要な機能は維持されていたことから、2013年の事案を踏まえて講じた対策が、セル間の過熱の伝播およびバッテリー全体の損傷の防止に有効なものであったことが確認されたという。