ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

ANAがボーイング787改修後初の試験飛行 6月に定期便再開明言

ANAがボーイング787改修後初の試験飛行 6月に定期便再開明言

テストフライトのタラップから最初に降りてきたのはANAの伊東信一郎会長だった

 バッテリーのトラブルで運航停止が続いていたボーイング787型機の運航再開が決まったことを受け、全日空(ANA)は2013年4月28日、同社が営業飛行再開の前提としているバッテリーシステム改修後のテストフライトを初めて行った。

 伊東信一郎会長は6月から定期便の運航を再開する方針を明らかにした上で、「状況に応じて、5月中の臨時便設定も検討したい」と前倒しの可能性にも言及した。

 テストフライトは伊東会長やボーイング社民間航空機部門のレイ・コナー社長ら乗員・乗客31人を乗せて八丈島や紀伊半島上空を約2時間にわたって飛行。午前11時過ぎに羽田空港に到着した。