ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

ボーイング787の製造体制

ボーイング787の製造体制

B787で相次ぐトラブル 部品納入の日本メーカーも影響懸念

 日本メーカーが機体の35%の部品製造を担う「B787」の相次ぐトラブルを受け、その影響が日本メーカーにも波及することが懸念されている。787は日本が得意とする炭素繊維やリチウムイオン電池などの技術を多く採用し、「準国産機」として先端技術をアピールする場になっていた。トラブルが長引けば、日本メーカーのブランドイメージに傷が付く恐れもある。