ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

ボーイング787のナビゲーションライトの位置

ボーイング787のナビゲーションライトの位置

 全日空ボーイング787のメーンバッテリーが発煙し高松空港に緊急着陸したトラブルで、国土交通省運輸安全委員会は20日、機体の電気回路に設計ミスが見つかったと発表した。発煙と直接の関係はないとみられるが、「想定外」のミスの発見に安全委は不信感を募らせており、他にも電気系統の設計ミスがないか調査する方針。国交省航空局も、設計ミスの原因や機体に与える影響について、製造元のボーイング社や米連邦航空局(FAA)に調査を求めた。

 安全委によると、高松空港で機体を調査中、夜間などに機体の所在を知らせる両翼端と尾部のナビゲーションライト(航空灯)が、スイッチを切っても消えないことが判明。原因を調べたところ、設計図の誤りで、補助動力装置用バッテリーの配線が他の電気回路を通じメーンバッテリーの配線につながっていた。

 メーンバッテリーと誤って接続された配線の間にある電流の逆流防止装置には異常がないため、安全委は発煙の原因に設計ミスが関連した可能性は低いとみている。ただ、メーンバッテリーの電圧を測るフライトレコーダーには誤接続の電流が影響を与えたとみられ、記録されたデータへの影響を詳しく調べる。