ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

緊急着陸し、脱出用シューターを出したまま停止する全日空のボーイング787

緊急着陸し、脱出用シューターを出したまま停止する全日空のボーイング787

緊急着陸し、脱出用シューターを出したまま停止する全日空のボーイング787=高松空港で16日午前10時19分、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 全日空のボーイング787が煙を出し、高松空港に緊急着陸したトラブルで16日、報道陣に説明をした国土交通省航空局の高野滋・航空事業安全室長は「極めて重大な事案だ」と厳しい表情を見せた。

 高野室長は「乗客を脱出用スライド(シューター)を使って脱出させた。787がいろいろ起きていることもある」とし、「どう安全を担保するかが航空局、航空会社の仕事」と原因究明と再発防止策に取り組む考えを示した。

 また、運航再開のめどについては、安全上足りない点がある場合は「同意しない」と明言。「どう安全を担保するか航空会社から相談があると思っている。それをすっとばして飛ばす事態は考えにくい」と話した。

 日米でトラブル続きの787機。高野室長は「FAA(米連邦航空局)やボーイング社と連携して情報共有などを進めていく」と述べた。