ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

米運輸安全委の公聴会始まる、ボーイング787トラブル原因究明へ

米運輸安全委の公聴会始まる、ボーイング787トラブル原因究明へ

4月23日、米ボーイング787型機の発煙トラブル問題の原因解明に向けた米運輸安全委員会(NTSB)の公聴会が、2日間の日程で始まった。写真は改善バッテリーの展示。都内で3月撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[ワシントン/ニューヨーク 23日 ロイター] 米ボーイング<BA.N>787型機の発煙トラブル問題の原因解明に向けた米運輸安全委員会(NTSB)の公聴会が23日、2日間の日程で始まった。

デボラ・ハースマンNTSB委員長は公聴会の開始にあたり、「問題を起こしたバッテリーの設計や認証だけではなく、今後出てくる新技術のためにも、教訓から学ぶ必要がある」と指摘。今後の認証プロセスや新技術に役立てることが必要との認識を示した。

公聴会では、トラブルの原因とみられているリチウムイオン電池について、787型機への搭載が提案された当時、ボーイングおよび米連邦航空局(FAA)がどの程度危険性を認識し対策を行っていたかをめぐり、関係者から事情を聴取した。