ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

ボーイング787燃料タンクの概要

ボーイング787燃料タンクの概要

国土交通省、787型機の燃料漏れ原因を分析、再発防止策も

国土交通省は、2013年1月に相次いだボーイング787型機の燃料漏れの調査結果を発表した。

日本航空(JAL)が運航する787型機でボストン空港、成田空港で燃料漏れが発生した。

調査の結果、ボストン空港の事案では、飛行データ、燃料ポンプ性能、燃料配管の仕様に基づいて解析した結果、異物の噛み込みなどで左翼タンク内の逆流防止弁が一時的に開状態となり、中央タンクと左翼タンクとを結ぶ配管に設置された燃料弁が一時的に開状態となったことで意図しない燃料移動が生じ、燃料漏れが起きたと分析。

成田の事案は、機体の点検で燃料放出弁の開閉について、操縦室では閉状態の表示であったにも関わらず、実際には弁が閉じていなかったことが確認された。詳細検査を行った結果、マイクロスイッチに通常塗布されないはずの絶縁コーティングと異物が付着していることが原因だったと判明した。