ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

JALが成田−ヘルシンキ線開設、ボーイング787で運航

JALが成田−ヘルシンキ線開設、ボーイング787で運航

JALの客室乗務員らがヘルシンキ行き初便を見送った

日本航空(JAL)は2013年7月1日、成田-ヘルシンキ路線を開設した。同路線は最新鋭旅客機のボーイング787型機で運航され、当初は2月25日の開設が予定されていたが、787の運航停止の影響で延期になっていた。

最短35分で欧州各地に乗り継げる

フィンランドはムーミンやオーロラ、サンタなどで知られるが、地理的には欧州のゲートウェイ(入り口)としても知られている。ヘルシンキ空港はJALと協力関係にあるフィンランドのフィンエアーの拠点で、欧州41都市に乗り継ぐことができる。ヘルシンキ空港は乗り継ぎを考慮したコンパクトな構造で、乗り継ぎ時間も最短35分を実現。主にビジネス客の欧州向け乗り継ぎ需要を取り込みたい考え。

ボーイング787型機は1月のバッテリートラブルを相次いで起こし運航停止が続いていたが、日本では6月1日に運航再開されたばかり。