ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

運輸安全委員会、ANA787型機バッテリー調査

運輸安全委員会、ANA787型機バッテリー調査

国土交通省の運輸安全委員会は、高松空港に緊急着陸して重大インシデントに認定した全日本空輸(ANA)が運航するボーイング787型機について今後、再現試験などを実施する方針を明らかにした。

同委員会は、途中の調査結果によると、発火の原因については依然不明で、今後、バッテリーセルの分析調査やバッテリーシステムの組み合わせ試験、再現実験などを実施して原因を解明していく。

ANAが運航する787型機は飛行中、メインバッテリーからの煙を感知して緊急着陸した。同委員会では、バッテリーを中心に発火原因などを詳しく調査している。

これまでの調査で、8個のセルで構成するバッテリーは、全てのセルが損傷しており、特にセル3とセル6の損傷がひどい。セル3はプラス電極の損傷が大きく、高温になって損傷したと見られるものの、損傷した原因は不明で、引き続き調査を進める。