ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

米当局者ら高松入り、緊急着陸したB787のバッテリーなど調査

米当局者ら高松入り、緊急着陸したB787のバッテリーなど調査

1月18日、高松空港に緊急着陸した米ボーイング787型機を調べるために派遣された米当局の調査団が、日本の当局と連携し、機体の調査を開始した。写真は機体を調査する日米の当局者ら。高松空港にて同日撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)

[高松市/東京 18日 ロイター] 高松空港に緊急着陸した米ボーイング<BA.N>787型機を調べるために派遣された米当局の調査団が18日、日本の当局と連携し、機体の調査を開始した。

日本の運輸安全委員会のこれまでの調べでは、積んでいたバッテリーが黒く変色。米連邦航空局(FAA)はバッテリーの安全が確認できるまで同機の運航を停止するよう航空各社に指示を出している。これとは別に米ボストンと成田空港で燃料漏れを起こした787型機について、国土交通相は弁の駆動装置に不具合があったことを明らかにした。