ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

B787の発火原因なお特定できず=米NTSB中間報告

B787の発火原因なお特定できず=米NTSB中間報告

3月7日、米運輸安全委員会(NTSB)は、ボストン・ローガン国際空港で1月に起きたボーイング787型機のバッテリー発火事故について、事実関係に関する中間報告を発表した。写真は画面に映し出されたバッテリー。ワシントンで撮影(2013年 ロイター/Yuri Gripas)

[7日 ロイター] 米運輸安全委員会(NTSB)は7日、ボストン・ローガン国際空港で1月に起きたボーイング<BA.N>787型機のバッテリー発火事故について、事実関係に関する中間報告を発表した。

発火の根本原因は依然特定できておらず、リチウムイオン電池システムの認証および試験について検証していると明らかにした。