ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

米ボストンの空港で出火した日本航空B787機のバッテリー

米ボストンの空港で出火した日本航空B787機のバッテリー

7日、米ボストンの空港で出火した日本航空のB787機のバッテリー=AP

 【桐野耕一、宇田川恵、ワシントン平地修】米ボーイング社の最新鋭機787のバッテリーから電解液が漏れたトラブルを受け、米連邦航空局(FAA)は16日、米国内で同機を運航する航空会社に対し、バッテリーの安全性が証明されるまで運航停止を命じた。FAAは各国にも同様の措置を取るよう警告、日本の国土交通省も17日正午過ぎ、国内の航空会社に運航停止を指示した。

 787を巡っては、7日に米ボストンの空港で日本航空機から出火、16日には全日本空輸機のバッテリー異常から煙が発生するなどトラブルが続出。FAAは「バッテリーの不具合から可燃性の電解液を放出させ、熱による損傷と煙を発生させた」と分析し、航空会社に適切な点検や修理を求める緊急の「耐空性改善命令」を出した。停止命令の対象は、米国で登録している787だが、影響は各国に広がりそうだ。米メディアによると、米ユナイテッド航空は、ただちに保有6機の運航を停止する。