ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

調査を受けるトラブルを起こした全日空のボーイング787

調査を受けるトラブルを起こした全日空のボーイング787

調査を受けるトラブルを起こした全日空のボーイング787=高松市の高松空港で2013年1月17日午前9時8分、後藤由耶撮影

 全日空のボーイング787機内で煙が発生し高松空港に緊急着陸したトラブルで、異常を疑われているメーンバッテリーの金属製容器上部が変形し膨れ上がっていたことが17日、国土交通省と運輸安全委員会の調査で分かった。機体前方の通排気口ではすすが確認された。運輸安全委などはバッテリーが異常な高温になった可能性もあるとみて香川県警と調査しており、バッテリーを製造したGSユアサ(京都市)も立ち会う見通し。