ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

ANA、ボーイング787型機の欠航判断に至らず

ANA、ボーイング787型機の欠航判断に至らず

3月29日、ANAは、米ボーイング787型機を含めた当初予定のダイヤをベースに6月1日以降の予約受け付けを始めたと発表。写真は羽田空港で1月撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 29日 ロイター] 全日本空輸(ANA)<9202.T>は29日、米ボーイング<BA.N>787型機を含めた当初予定のダイヤをベースに6月1日以降の予約受け付けを始めたと発表した。

ボーイングの改修プランの進ちょく状況を見極める必要があり、欠航の判断をするには至っていないため。予約された便が欠航する場合は、振り替えなどで対応していく。国際線の成田─サンノゼ線、成田─シアトル線は、欠航になった場合に振り替えなどの対応が難しいことから8月末まで欠航を決めた。

787型機は、ANA保有機がバッテリートラブルで高松空港に緊急着陸した1月中旬から全面的に運航を停止している。5月末までの欠航便は国内線・国際線合わせて3601便に及ぶ見込み。