ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

トラブルのあった全日空のB787の調査をする米国からの調査団メンバーら

トラブルのあった全日空のB787の調査をする米国からの調査団メンバーら

トラブルのあった全日空のB787の調査をする米国からの調査団メンバーら=高松市の高松空港で2013年1月18日、後藤由耶撮影

 全日空のボーイング787がバッテリーの発煙で高松空港に緊急着陸したトラブルで、米国の調査団が18日、高松入りした。NTSB(米国家運輸安全委員会)とFAA(連邦航空局)の調査官2人と機体のメーカーであるボーイング社の技術者2人。国土交通省運輸安全委員会調査官の案内で、空港内の貨物上屋で保管しているバッテリーや駐機中の機体の状況を確認した。

 FAAは米国内で787を運航する航空会社に対し、「バッテリーの安全性が確保されない限り、機体の基幹システムや構造に損傷を与え、火災に至る可能性がある」として運航中止を指示。各国の航空当局にも同様の措置を取るよう勧告している。一行は運輸安全委から、発煙から緊急着陸に至る経過について説明を受け、今後の調査方針を協議した。