ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

トラブルで運航停止になった全日空のボーイング787

トラブルで運航停止になった全日空のボーイング787

 全日本空輸は30日、2月初旬をめどとしていた新年度からの中期経営計画の公表を当面見送ることを決めた。戦略中型旅客機と位置づけるボーイング787でトラブルが多発し、運航再開にめどが立たないため。来月18日までの減便を決めているが、経営戦略にも影響が出始めた。

 全日空は今年4月に持ち株会社体制に移行することが決まっており、中期計画は、新体制での経営の基本路線や戦略展開をまとめたもの。2月初旬に開く投資家やアナリスト向け説明会で公表する予定だった。

 ただ、全日空はすでに導入した17機を含め66機のB787導入を予定しており、国内線、国際線ともに中型機のほとんどをB787で運用する考えだった。今後の調査によっては導入計画の変更を余儀なくされる可能性もあるだけに、現状では営業利益額などの定量的目標を出しづらく、公表を延期することにした。