ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

全日空のボーイング787

全日空のボーイング787

 全日本空輸がボーイング787の運航停止に伴い、2月18日まで国内線、国際線合わせ1日当たり30便程度の欠航・減便計画を策定していることが25日、分かった。

 当初は早期の運航再開を見込み、減便計画の公表は数日単位にとどめてきたが、運航停止の長期化懸念が強まり、再開まで数カ月はかかるとみて方針を変えた。ダイヤの変更も検討している。同日、29〜31日に計88便を減便すると発表した。16日に高松空港に緊急着陸し、直後に日米航空当局から運航停止を指示されてから、累計で約450便を欠航することになる。

 トラブル発生以前はB787を1日当たり約60便運航していた。停止以降は、大型機B777、中型機B767などをやりくりし欠航を30便程度にとどめていた。また運航再開は早いとみて、これまでは3日程度先までの減便計画にとどめてきた。しかし、日米当局による調査でもバッテリー損傷の原因はほとんど解明できていない。対策も不明で、運航停止の長期化懸念が強まっている。

 このため、同社は2〜3日の減便計画ではなく、2〜3週間程度の計画を策定することで、業績への影響を最小限にとどめる方針に切り替えた。欠航予定を早めに告知することで利用者の混乱や他社便への乗り換えを抑える狙いがある。