ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

新千歳空港に機首を揃えて駐機するANAのボーイング787

新千歳空港に機首を揃えて駐機するANAのボーイング787

 ANAのボーイング787型機が現在、新千歳空港に集結している。(東京ベイ経済新聞)

 バッテリーのトラブルから1月より運航を一時的に中止している同型機。同社は6月1日より定期便での運航再開をすでに決めており、それに向けた確認フライトと乗務員の慣熟訓練などを、同空港を拠点に実施している。

 同型機は新千歳空港の国際線旅客ターミナル側の「ナイトステイエプロン」にずらりと並ぶ。通常、大型旅客機が夜間駐機などを行うエリアで、自衛隊所属で同空港(航空自衛隊千歳基地)を拠点にする政府専用機が駐機するスポットとしても知られる場所。同エリアを遠望できる旅客ターミナルの一角には航空ファンらも時々訪れているといい、同空港に勤務する航空会社スタッフは「最新鋭がまとまって並ぶ姿は壮観。定期便の運航再開後はこのような光景はもうないかもしれない」を話す。