ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

国土交通省、JAL787のバッテリー不具合の調査結果を公表

国土交通省、JAL787のバッテリー不具合の調査結果を公表

国土交通省は、今年1月14日に成田空港で発生した日本航空(JAL)が運航するボーイング『787』のバッテリー不具合に関する調査結果をまとめた。

[関連写真]

B787のバッテリー不具合は、成田空港で地上駐機中に整備士が、機外に煙が漂っていること、メインバッテリーと充電器の不具合を示すメッセージが表示されていることを確認した。また、8つのバッテリーセルのうち、1つの安全弁の作動を確認した。

調査結果によると、メインバッテリーの第5セルが過熱・損傷し、同セルの安全弁が作動した。電解液のガスはダクトを通じて排気口から外部に排出され、バッテリー覆い箱の周辺機器への影響はなかった。バッテリー監視装置(BMU)とバッテリー充電装置(BCU)に異常はなかった。第5セルに隣接する第6セルは、一部熱の影響が確認されたものの、機能的には問題なかった。不具合発生後も、過熱した第5セル以外の全てのセルについて機能上の問題はなく、運航の継続に必要な機能は維持されていた。

このため、昨年の事案を踏まえて講じた対策が、セル間の過熱の伝播、バッテリー全体の損傷の防止に有効なものであったことが確認されたとしている。第5セルの過熱は、内部短絡によるものと推定。内部短絡を引き起こす可能性のある要素として、金属片の混入やリチウム金属の析出、電解液の漏れ、セル・ワインディングの皺などの関与を検討した。しかし、過熱を引き起こすことを裏付ける客観的な事実を確認することはできず、原因は特定できなかった。