ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

日航ボーイング787から発煙、バッテリーにトラブル

日航ボーイング787から発煙、バッテリーにトラブル

成田国際空港の滑走路を走行する日本航空(JAL)のボーイング787型機「ドリームライナー」(2014年1月15日撮影)。

【AFP=時事】日本航空(Japan Airlines、JAL)の米ボーイング(Boeing)787型機「ドリームライナー(Dreamliner)」で、メンテナンス作業中に操縦席の窓から「白煙」が確認されたことを受け、日本航空は同機体の運航を停止した。バッテリーのトラブルをめぐり、787型機が世界的に数か月にわたって運航停止されてからちょうど1年が経過する中での新たなトラブルとなった。

 日本航空によるとトラブルが見つかったのは、14日午後のタイ・バンコク(Bangkok)への出発を控え、成田国際空港(Narita International Airport)に駐機してメンテナンスを受けていた機体。整備士が操縦席の窓の外に煙が出ているのを発見し、その後バッテリーシステムの警告に気付いた。

 調査の結果、バッテリーシステム内の8個のバッテリーセルのうち1個で液体が漏れていた。だが、過度の圧力を逃がすための安全弁は正常に作動していたという。日本航空の広報担当者は、セルの温度が高く、セルが「白煙」を発生させたとみていると語った。白煙は煙か蒸気とみられる。

 トラブルが見つかった機体は運航を停止させ、バンコク行きの便には別のドリームライナーが振り替えられた。