ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

JALのB787機燃料漏れ、弁の駆動装置に不具合=国交相

JALのB787機燃料漏れ、弁の駆動装置に不具合=国交相

1月18日、太田昭宏国土交通相は閣議後会見で、日本航空のボーイング787型機で燃料漏れのトラブルが続いた問題で、燃料を機外に放出するための弁の駆動装置に不具合があることを確認したと明らかにした。写真はJALの同型機。成田空港で9日撮影(2013年 ロイター/Shohei Miyano)

[東京 18日 ロイター] 太田昭宏国土交通相は18日の閣議後会見で、米ボーイング<BA.N>787型機でトラブルが相次いでいる問題で、日本航空(JAL)<9201.T>による同型機の燃料漏れについて「燃料を機外に放出するための弁の駆動装置に不具合があることをを確認した」と明らかにした。今後、当該英部品メーカーの検査に国交省の調査チームを派遣して立ち会わせるとしている。

同機は今月8日に米ボストン・ローガン国際空港で離陸準備に入っていたところを燃料漏れが発覚。同機体は13日、成田空港で整備作業中にも燃料漏れを起こし、国交省が独自に調査チームを立ち上げていた。