ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

燃料漏れを起こした日本航空機のボーイング787

燃料漏れを起こした日本航空機のボーイング787

787機バルブに不具合…成田空港JALの燃料漏れ

燃料漏れを起こした日本航空機のボーイング787=成田空港で2013年1月13日、本社ヘリから

 日本航空のボーイング787が13日に成田空港で燃料漏れを起こしたトラブルで、太田昭宏国土交通相は18日の閣議後記者会見で、左主翼にある燃料放出に使うバルブに不具合があったことを明らかにした。原因調査のため、バルブを製造した英国のメーカーに国交省の職員を派遣する。

 国交省によると、バルブを開閉する駆動装置が、操縦席に「閉じている」との信号を送っていたのに実際は開いていた。日航の整備士はバルブが閉じているとの操縦席の表示を見て燃料を抜く作業をしたため、約100リットル漏れたという。

 この機体は米ボストンの空港でも日本時間の9日にバルブ関連のシステムが原因とみられる燃料漏れのトラブルを起こしており、関連を調べる。