ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

国交省が調査チーム立ち上げ、JALのボーイング787燃料漏れで

国交省が調査チーム立ち上げ、JALのボーイング787燃料漏れで

1月14日、国土交通省は、日本航空(JAL)が保有するボーイング787型旅客機で発生した2件の燃料漏れについて、独自に調査チームを立ち上げたと発表した。写真は同社の同型機。成田空港で9日撮影(2013年 ロイター/Shohei Miyano)

[東京 14日 ロイター] 国土交通省は14日、日本航空(JAL)<9201.T>が保有するボーイング<BA.N>787型旅客機で発生した2件の燃料漏れについて、独自に調査チームを立ち上げたと発表した。

米国連邦航空局(FAA)やボーイングと連絡を取りながら、航空機の設計や整備、運航状況などを含め総合的に原因を究明する。

JALのB787型機は今月9日、米ボストン・ローガン国際空港で離陸準備に入っていたところ燃料漏れが発覚。同じ飛行機は13日にも成田空港で整備作業中に燃料漏れが発生している。