ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

火災事故を起こしたエチオピア航空ボーイング787

火災事故を起こしたエチオピア航空ボーイング787

火災事故を起こしたエチオピア航空ボーイング787旅客機=ロンドン・ヒースロー空港で2013年7月12日、AP

 【ロンドン小倉孝保】ロンドン・ヒースロー空港でのエチオピア航空ボーイング787旅客機の火災事故で、英航空事故調査局(AAIB)は13日、バッテリーが原因ではないとの初期見解を発表した。「熱による損傷部位は旅客機のバッテリーのある場所とは明らかに離れている」と、理由を説明している。現時点で原因は特定されていないとし、さらに調査を続ける。

 初期見解では、火災を「深刻な事故」と表現。目撃証言と物証から、熱で損傷した主な部位は旅客機の後方上部で、煙は胴体の全体に広がったとしている。

 一方、英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)によると、エチオピア航空幹部はエアコン設備の不具合が関係しているとの見方を示した。