ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

エチオピア航空のボーイング787型機、英ロンドンの空港で出火

エチオピア航空のボーイング787型機、英ロンドンの空港で出火

火災を起こしたエチオピア航空のボーイング787機=2013年7月12日、AP

 【ロンドン坂井隆之】ロンドンのヒースロー空港で12日夕(日本時間13日未明)、駐機中のエチオピア航空のボーイング787旅客機で火災が発生し、まもなく消火されたが、約1時間半にわたって滑走路が閉鎖された。出火当時乗客はおらず、けが人はなかった。火災の原因や詳しい出火場所は不明で、英航空当局は12日、火災原因の究明作業に着手。米国家運輸安全委員会(NTSB)も職員を英国に派遣し、調査に協力すると表明した。

 空港当局者はロイター通信の取材に対し「機体内部で火災があった」と説明。テレビ放送の映像では、垂直尾翼前方の天井部分に焦げたような変色が見られる。出火した航空機は同日にエチオピアのアディスアベバからロンドンに到着し、同日夜にアディスアベバに戻る予定で、駐機してから火災を検知するまで8時間以上が経過していた。ロイター通信は「外部から見える火災で焦げた場所はバッテリーの位置とは違う」と報じている。