ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

ロンドン・ヒースロー空港で火災事故を起こしたエチオピア航空のボーイング787

ロンドン・ヒースロー空港で火災事故を起こしたエチオピア航空のボーイング787

7月18日、エチオピア航空のボーイング787型機が発火した問題で、英航空事故調査局(AAIB)は、米ハネウェル・インターナショナル製の航空機用救命無線機が発火の原因となった可能性が高いとの報告書を公表。ヒースロー空港で12日撮影(2013年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 18日 ロイター] - ロンドンのヒースロー空港で前週、エチオピア航空のボーイング<BA.N>787型機(ドリームライナー)が発火した問題で、英航空事故調査局(AAIB)は18日、米ハネウェル・インターナショナル<HON.N>製の航空機用救命無線機が発火の原因となった可能性が高いとの報告書を公表した。

AAIBの報告書によると、火災は787型機の機体後方で発生。機体後方には航空機用救命無線機以外、火災発生の原因となる可能性のある電池を搭載したシステムは設置されていないとしている。

同無線機は墜落などの事故の際に救難信号を発するもので、非充電式のリチウムマンガン電池を搭載している。同電池の製造元の米ウルトラライフ<ULBI.O>からこの件に関するコメントは得られていない。