ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

エチオピア航空のボーイング787型機、英ロンドンの空港で出火

エチオピア航空のボーイング787型機、英ロンドンの空港で出火

7月16日、ボーイング787型機発火で、英航空事故調査局は、原因となった可能性のある複数の部品の一つとしてハネウェル製の無線機を調査していることを確認した。写真はロンドンのヒースロー空港で発火した機体。12日撮影(2013年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 16日 ロイター] - ロンドンのヒースロー空港で前週、エチオピア航空のボーイング<BA.N>787型機(ドリームライナー)が発火した問題で、英航空事故調査局(AAIB)の報道官は16日、原因となった可能性のある複数の部品の一つとして米ハネウェル・インターナショナル<HON.N>製の無線機を調査していることを確認した。

報道官はハネウェルに調査への参加を求めたことを確認し、「航空機用救命無線機(ELT)は調査の一環として詳しく調べている複数の部品の一つであり、現時点で発火原因について推測するのは時期尚早だ」と述べた。

事情に詳しい関係筋は15日、ロイターに対し、ハネウェル製のELTが発火原因となった可能性があるとみて当局が調査していることを明らかにし、ハネウェルは調査への参加を認めた上で、同種の無線機で過去に問題が報告されたことはないとしていた。