ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

運輸安全委 ボーイング787発煙事故「原因はバッテリー劣化」

運輸安全委 ボーイング787発煙事故「原因はバッテリー劣化」

緊急着陸し、脱出用シューターを出したまま停止する全日空のボーイング787=高松空港で2013年1月16日、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 山口宇部発羽田行きの全日空ボーイング787が昨年1月、飛行中にバッテリーから発煙し、高松空港に緊急着陸したトラブルで、運輸安全委員会は気温低下でバッテリーが劣化したことなどが原因で内部ショートした可能性があるとする調査報告書の最終案をまとめた。

 787は従来のニッカド電池に代わり、初めてリチウムイオン電池を本格的に採用。関係者によると、極度の低温下では、電解液に溶けていた金属リチウムがとげ状に結晶化し、電極に付着する「析出」という現象が起きやすく、電池内の正負の電極がつながって一気に電流が流れた結果、ショートした可能性がある。また、充電時の電圧が不安定だったことも劣化の一因とみられ、複数の現象がトラブルを引き起こしたと指摘している。

 安全委は米ボーイング社やバッテリー製造元のGSユアサ(京都市)など、関係機関からの意見聴取を経て、9月以降に最終報告書を公表する方針。