ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

787型機運航停止でANAが現金での賠償請求を検討

787型機運航停止でANAが現金での賠償請求を検討

3月20日、米ボーイングの787型機が運航停止に追い込まれている問題で、賠償請求を検討している全日本空輸が、現金での支払いを求める考えであることが明らかになった。1月撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 20日 ロイター] 米ボーイング<BA.N>の787型機が運航停止に追い込まれている問題で、賠償請求を検討している全日本空輸(ANA)<9202.T>が、今後購入する機体の価格を割り引く形ではなく、現金での支払いを求める考えであることが20日、関係筋の話で明らかになった。

機体価格の割引ならボーイングの負担は数年に渡って分散されるが、現金だと一時期に集中する可能性がある。

バッテリーに問題が相次いだ787型機は、1月中旬から全世界で運航を停止。17機を保有するANAの欠航便は、運航を停止した1月16日から5月末までで3601便に及ぶ見込みだ。ANAはこれまでの影響額を明らかにしてないが、1月は2週間で14億円の減収につながったという。

関係者によると、ANAはボーイングに対し、損害賠償を現金で請求することを検討。ただ、両社の賠償交渉はまだ始まっておらず、最終的にどのような形で賠償を求めることになるかは流動的だという。