ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

ANA787バッテリートラブルの最終報告書発表 発熱の発生経緯は未特定

ANA787バッテリートラブルの最終報告書発表 発熱の発生経緯は未特定

運輸安全委員会は9月25日、2013年1月16日に発生し航空事故につながりかねない「重大インシデント」に認定された、ANAの787-8による高松空港への緊急着陸についての最終報告書を発表した。

○要因はバッテリーの熱暴走

経緯としては、1月16日に同社の定期692便として、ANAの787-8が羽田空港に向けて山口宇部空港を08時11分に離陸。08時27分ごろ、四国上空高度約3万2,000ftを上昇中に、メインバッテリーの不具合を示す計器表示とともに操縦室内で異臭が発生したため、目的地を高松空港に変更して08時47分に高松空港へ着陸した。

その後、08時49分に同機は高松空港のT4誘導路上で非常脱出を開始。同機には機長ほか乗務員7人、乗客129人の計137人が搭乗しており、そのうち乗客4人が脱出中に軽傷を負った。なお、同機のメインバッテリーには損傷がみられたが、火災は発生しなかった。

報告書では、今回の重大インシデントは「同機が離陸上昇中メインバッテリーが熱暴走を起こしたため」としている。このメインバッテリーの熱暴走は、6番セルがセル内部の発熱現象でベントしたことにより熱伝播の起点となって発生したものと推定される。

発熱により膨張したセルケースとブレースバーが接触してアース線を介して接地短絡したことにより、バッテリーボックス内に大電流が流れてアーク放電が発生。その放電が熱伝播を助長して熱暴走に至り、バッテリーの損傷を拡大させたものと推定される。なお、6番セル内部の発熱現象は内部短絡によるものと考えられるが、その発生機序を最終的に特定することはできなかったという。