ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

全日空のボーイング787

全日空のボーイング787

5月23日、ANAは保有する米ボーイング787型機について、5月26日から同31日まで計5便の臨時便が就航すると発表した。写真は4月、羽田空港で撮影(2013年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 23日 ロイター]- ANAホールディングス(ANAHD)<9202.T>傘下の航空事業会社である全日本空輸(ANA)は23日、保有する米ボーイング<BA.N>787型機について、5月26日から同31日まで計5便の臨時便が就航すると発表した。

当初は6月1日から定期運航を再開をするとしていたが、運航再開の準備が順調に進んだことから営業運航を前倒しする。

これまでに保有する787型機は全17機についてバッテリーシステムの改修作業が終了。確認飛行や運航乗務員の技量維持のための慣熟飛行を合計170回以上行ったが、バッテリーシステムに不具合や異常が起きなかったため、札幌─羽田間で臨時便で運航する。

ANAの篠辺修社長は同日開いた定例会見で、6月1日以降の787型機運航路線の予約状況について、「キャンセルはなく、お客様も冷静に受け止めている」との見解を示した。