ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

ANA機でも787の燃料漏れ起きていた すでに改修

ANA機でも787の燃料漏れ起きていた すでに改修

ANAはボーイング787型機を世界で初めて就航させた(写真はイメージ)

 トラブルが相次いで起こっている最新鋭中型旅客機のボーイング787型機が、2012年10月にも出発直後に燃料漏れの不具合を起こしていたことが分かった。13年1月に発覚したJAL機の燃料漏れとは事象も原因も異なるが、国土交通省は12月に787を運航する日本航空(JAL)と全日空(ANA)に点検を指示。12月末には部品の交換が終わり不具合は解消されているが、長い場合で、11年秋のデビュー以降1年以上にわたって不具合を抱えて飛行していたことになる。

 国土交通省航空局の説明によると、燃料漏れのトラブルを起こしていたのは、12年10月23日の山口宇部空港発羽田空港行きのNH698便。出発直後に特殊車両で飛行機を押し出す「プッシュバック」が始まった直後に、左の「パイロンドレインマスク」と呼ばれる、翼とエンジンをつなぐ部分の周辺部品から燃料漏れが発見された。トラブルが起きた飛行機を(JA808A)は別の787型機(JA807A)に変更、約2時間半遅れで羽田に出発した。