ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

6月の商業運航再開へ向け、訓練飛行が行われているボーイング787

6月の商業運航再開へ向け、訓練飛行が行われているボーイング787

6月の商業運航再開へ向け、日本でも訓練飛行が行われているボーイング787型旅客機(写真:産経新聞)

 【ワシントン=柿内公輔】米ユナイテッド航空は20日、バッテリー問題で運航を停止していたボーイングの最新鋭機787の運航を約4カ月ぶりに再開した。

 まず国内線のヒューストン−シカゴ間で運航を再開した。この第1便には、ボーイングのマクナーニ最高経営責任者(CEO)やユナイテッドのスマイゼックCEOも同乗。とくに飛行中に問題はなく、無事フライトを終えたという。

 ユナイテッドは6月10日のデンバー−成田間を皮切りに国際線の運航も再開する予定で、徐々にB787の運航路線を増やす。

 ユナイテッドは米航空会社で唯一B787を保有している。B787はアフリカのエチオピア航空など一部航空会社で運航が再開されているが、世界の主要エアラインではユナイテッドが先陣を切った形だ。

 ユナイテッドは米連邦航空局(FAA)の運航停止命令を受けてB787の運航を1月に停止したが、ボーイングの改善策に基づきバッテリーを改修。FAAの運航停止解除に伴い、運航再開に踏み切った。