ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

バッテリーの改修を終え、高松空港を離陸する全日空のボーイング787

バッテリーの改修を終え、高松空港を離陸する全日空のボーイング787

バッテリーの改修を終え、高松空港を離陸する全日空のボーイング787=高松市で2013年5月16日午後9時6分、金澤稔撮影

 全日空は16日、バッテリー発煙トラブルで今年1月16日、高松空港(高松市)に緊急着陸したボーイング787の改修を終え、羽田空港に向けて試験飛行を実施した。4カ月ぶりに飛んだ機体は、バッテリー関連の不具合が生じないかを確認しながら飛行した。

 同社社員ら7人を乗せ、最終便が着陸した後の午後9時ごろ、高松空港を離陸し、同10時前、羽田に着いた。高松空港では今月9〜12日、米ボーイング社の技術スタッフらが改良型バッテリーに取り換えるなどの改修作業をした。バッテリー電圧に異常があれば、地上にデータを送信するシステムも導入した。