ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

全日空がボーイング787の試験飛行、両社役員も搭乗

全日空がボーイング787の試験飛行、両社役員も搭乗

試験飛行後、羽田空港の滑走路を移動する全日空(ANA)の米ボーイング787型旅客機(2013年4月28日撮影)。

【AFP=時事】全日空(All Nippon Airways、ANA)は28日、米ボーイング(Boeing)の787型旅客機「ドリームライナー(Dreamliner)」の試験飛行を実施したと発表した。

 787型機はバッテリーの不具合のため、1月から世界で商業運航が停止されていた。前日の27日に、エチオピア航空(Ethiopian Airlines)が世界で初めて同型機の運航を再開していた。

 試験飛行するANAのB787型機はANAの伊東信一郎(Shinichiro Ito)取締役会長とボーイング民間航空機部門のレイモンド・コナー(Ray Conner)最高経営責任者(CEO)も乗せて同日午前、羽田空港(Haneda Airport)を離陸し、約2時間後の同11時ごろ同空港に着陸した。