ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

ボーイング、B787型機の試験飛行を実施

ボーイング、B787型機の試験飛行を実施

試験飛行を終えて米ワシントン州エバレットの空港に着陸する米ボーイングの787型旅客機「ドリームライナー」。この機体はLOTポーランド航空の機材(2012年3月25日撮影)。

【AFP=時事】米ボーイング(Boeing)の787型旅客機「ドリームライナー(Dreamliner)」のバッテリー発火問題で、同社は25日、新しいバッテリーシステムを搭載した同型機の試験飛行を問題なく完了したと発表した。

 発表によると、787型機は米ワシントン(Washington)州エバレット(Everett)の空港を離陸し、2時間9分の試験飛行を行って同空港に着陸した。今回の試験飛行は、全システムが設計時の想定通りに機能するかを検査するもので、この結果を分析した後、新バッテリーシステムが飛行中に正しく機能することを証明するためのデモ飛行を行うという。

 米連邦航空局(US Federal Aviation Administration、FAA)は今月12日、ボーイングのバッテリー試験計画を承認。試験飛行計画は「787型機の運航再開を評価するためのプロセスの第一歩」だとしている。

 ボーイングによれば、新バッテリーシステムには、断熱材の追加、製造・試験過程の強化、封じ込めシステムの導入といった改善策が施されている。