ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

全日空、787型機の試験飛行…再開前倒しも

全日空、787型機の試験飛行…再開前倒しも

羽田空港を離陸するボーイング787型機(28日午前、読売ヘリから)=竹田津敦史撮影

 全日本空輸は28日、運航再開が決まった米ボーイング「787型機」の試験飛行を行った。

 相次ぐバッテリーのトラブルで1月半ばに運航停止となって以来、約3か月半ぶりの国内での飛行には、全日空の伊東信一郎会長やボーイングの幹部らが乗り込んだ。

 787型機は同日午前9時前に東京・羽田空港を離陸。和歌山県上空や八丈島の上空を回って同11時過ぎに羽田に戻り、問題なく約2時間の試験飛行を終えた。飛行中は改修したバッテリーの電圧データなども常時監視し、正常な作動を確認した。

 全日空は、保有する17機の787の改修作業を5月末までに終わらせる計画だ。伊東会長は飛行後の記者会見で、「1便1便で実績を積み上げ、安全性と信頼性を証明していく」と話した。営業運航の再開については、「定期便は6月1日からの投入をめざす」としたうえで、「5月中の臨時便も検討したい」と再開前倒しの可能性も示唆した。