ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

ボーイング787型機納入再開、まずANAから

ボーイング787型機納入再開、まずANAから

米ワシントン州にあるボーイングのエバレット工場で組み立てられる787型旅客機「ドリームライナー」(2013年4月29日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】米ボーイング(Boeing)は14日、バッテリーの過熱問題で1月から全世界で運航が停止された同社の787型旅客機「ドリームライナー(Dreamliner)」の納入を再開したと発表した。

 同社の発表によると、納入再開後の第1号機は同日、同社の米ワシントン(Washington)州エバレット(Everett)工場から全日空(All Nippon Airways、ANA)に引き渡されたという。