ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

全日本空輸(ANA)のボーイング787

全日本空輸(ANA)のボーイング787

4月22日、米航空機大手ボーイングは、787型機に追加安全策を施したリチウムイオンバッテリーを搭載する作業を開始した。写真は全日本空輸(ANA)の同型機。羽田空港で1月撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京/ロンドン 22日 ロイター] 米航空機大手ボーイング<BA.N>は22日、米連邦航空局(FAA)が前週末に787型機の改良バッテリーシステムを承認したことを受け、同型機に追加安全策を施したリチウムイオンバッテリーを搭載する作業を開始した。

搭載作業を開始したのは、全日本空輸(ANA)<9202.T>が保有する17機の787型機のうち5機。1週間程度で作業は終了するとみられている。

関係筋によると、ANAは5月に国内の特定路線で約100—200往復の試験飛行を実施し、6月には営業運航を再開したい考え。