ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

バッテリーの交換作業が始まった全日空のボーイング787

バッテリーの交換作業が始まった全日空のボーイング787

【写真】運航再開に向けバッテリーの交換作業が始まった全日空のボーイング787=22日午後2時ごろ、松山空港

 1月16日にバッテリーの発煙トラブルを起こしたボーイング787の運航再開に向け、全日空と日航は22日、愛媛県の松山空港など4空港でバッテリーや周辺機器を新型に交換する改修作業を開始した。
 全日空の1機がトラブル当日から駐機している松山空港では午前8時ごろから、米ボーイング社の技術スタッフと全日空の整備士ら計約15人が作業を開始。22日はバッテリー交換準備作業やエンジン点検などをした。
 787は貨物ビル近くの制限区域内に駐機し、機体近くに資材保管や休憩などに使うプレハブの建物を設置。スタッフは、バッテリーが設置されている機体前方と主翼の付け根付近に大型の脚立を置き、作業を続けた。