ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

羽田空港に駐機するボーイング787

羽田空港に駐機するボーイング787

羽田空港に駐機するB787 =東京・羽田空港(鈴木健児撮影)(写真:フジサンケイビジネスアイ)

 バッテリートラブルで運航停止している米ボーイングの最新鋭機「787」が、月内にも運航再開を認められる見通しとなった。米連邦航空局(FAA)が近く再開を認可し、国土交通省も認めるとみられる。これを受け、B787を導入している全日本空輸と日本航空は、6月にも運航を再開する。

 B787はバッテリーのトラブルが起きた1月16日以降、全世界で運航を停止。ボーイングはバッテリーが発熱しても周辺の機器などに影響しないよう設計を見直す一方、4月から試験飛行を行い、FAAと共同で安全確認を行ってきた。FAAは試験飛行の結果などを踏まえ、安全性に問題はないと判断。国交省もFAAと協力してボーイングの改善案を審査中で、近く再開を認める方向だ。

 全日空と日航は今後、ボーイングの改善指示書に従って機体を順次、改修した後、独自に試験飛行を行うなどして安全性を確認し、欠航路線を中心に復帰させる。ボーイングは、すでに機体を改修する技術スタッフを日本に派遣している。