ef81hokutosei.way-nifty.com > ボーイング787連続トラブル

ボーイング787

ボーイング787

ボーイングは3月25日、787型機の機能をチェックするフライトテストを実施したと発表した。

今回のテストで使用したのはLOTポーランド航空向けに製造した機体で、午後12時11分に離陸、2時間9分のフライト後、午後2時20分に着陸した。

同機には2人のボーイングのパイロット、2人のエンジニア、システム・オペレーターとフライト・アナリストがそれぞれ1人の計6人が搭乗し、着陸後「フライトは順調で予定通りだった」と報告した。

今回の機能チェックフライトは、全てのシステムが設計通りに機能するかを検証するもので、機体の製造工程に実施される通常プロセスの一環。フライトデータからの電気システムの機能チェックに加え、着陸装置やバックアップ・システムなどをテストした。

ボーイングでは2012年に、全航空機プログラムで600回以上の機能チェックフライトを実施している。

今回の機能チェックフライトの完了を受け、ボーイングではテストデータを分析し、近く実施する予定の認証用地上・フライトテストの準備を開始する。認証用フライトは今回と同じ機体を使用して1回実施する予定で、飛行中、改修した新バッテリーシステムが設計通りに機能することを実証する。

ボーイングでは、フライトテストの詳細は公表しないとしている。